banner

看護師の転職6 看護学校の先生のお仕事には、営業もあるの?!

「営業の仕事〜?!」とタイトルを見て、びっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、営業の仕事、あります! あるんですよ! しかも二種類あるんですよ。一つは、生徒さん達の実習先を探したり、将来の就職先にコネクションをつけるお仕事です。学校は病院と一緒で、というかどんなお仕事でもそうですが、しっかり生徒さんの定員を確保して、経営を成り立たせなくてはなりません。そのなかで、「うちの学校は実習先が充実している」とか、「うちは有名ななになに病院への就職率が高い」なんていうのは、生徒を募集するための大事な売り文句になるのです。もう一つの営業は、もっとストレートに「学生募集」を行うものです。たいていの学校では「オープンカレッジ」を開いて、実際に受験生に学校内を見てもらいます。人気講師になったら、模擬授業の依頼も来るかもしれません。何か特別のイベントを行う場合もありますし(健康診断とか)、個別に進学相談を行う場合もあります。いずれにせよ、受験生と入学生を増やすためのものです。そんなことしたくて看護師になったんじゃない!と思われるかもしれませんが、看護師の仕事に就くか、別の進路を目指そうかと悩んでいる人に、看護師のすばらしさを教える大切なチャンスだと捉えることもできるのです。あなたの関わりで、もう一人、すてきな看護師さんが生まれるきっかけを与えることができるのです。

Copyright(c) 看護師から看護学校教員への転職. All Rights Reserved.