banner

看護師の転職7 看護専門学校講師になるメリット

看護専門学校講師になったときのメリットは、これまでご紹介した文章の中からも感じていただけると思いますが、ここではもう少し具体的な話をさせていただきます。看護師の仕事と違い、学校勤務になるわけですから、何よりありがたいのが、夜間コースの学校でない限り、夜勤のないことです。学校はたいてい8時半か9時から始まりますから出勤はおよそ8時頃。また、授業が終わり、会議などが長引かなければ17時か18時ごろに仕事が終わるのが一般的です。もしも、あなたに小さなお子さんがいらっしゃるならば、この時間帯の勤務はとっても助かります。また、医療資格を持った講師というのは、非常にお給料が高いのです。一度ハローワークの検索などで専門学校講師を調べてみてください。他の科目の講師、例えばビジネス系の講師などに比べたら、格段にお給料がよいのです。また、講師になると授業の合間の「空き時間」というのが生じます。その間は、教材を作ったり、印刷したり、生徒管理をしたり等、もちろんお仕事はありますが、自分のデスクで自分のペースで仕事のできる時間を持てるのもありがたいことです。医局だと、イスと机はあっても、ほんと逸呼び出しがあるかわかりませんものね。将来、もう一度医療現場で働くことはあるかもしれませんが、ハードな看護師の仕事から少し離れてリセットすることも、この仕事ならできるのではないでしょうか。

Copyright(c) 看護師から看護学校教員への転職. All Rights Reserved.